FC2ブログ

日本細見紀行 

日本各地の旅日記
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 横浜・大桟橋へTOP東京・神奈川 ≫ 横浜・大桟橋へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

横浜・大桟橋へ

3日目  2015年11月8日  利島 横浜

 目覚めは鳥のさえずりによるものだった。軽やかで快活な響きではなかった。迫力ある重低音がすりガラスの窓を抜けて室内の空気を震わせた。カラスの声だった。2羽3羽いるようだ。

 一面に吹きかけた墨をスポンジで滲ませたような空だった。海は空の色をうつしていた。

 8:00、食堂で朝ご飯。

PB080002.jpg

 1泊分の宿泊料7,800円(2食付き)を支払った。

 さるびあ丸の出航時刻は12:50である。利島では乗船手続きを12:00までに終えなければならない。復路のチケットを持っていたが、それでもチケットに付いている半券式の乗船票を制限時間までに提出しないといけない。それが乗船名簿に該当する。

 私の代わりにご主人が提出しておいてくれると言うので、遠慮なくお願いした。出航時刻ぎりぎりまで部屋を使わせてもらえることになった。

 朝ご飯のあと、集落を歩いてみた。ところどころで人は歩いていた。

PB080010.jpg

 郵便局が営業していた。入り口の掲示を確認してみると、一部の業務は日曜の午前中でも取り扱っているようだ。

PB080012.jpg

 商店、郵便局、役場をはじめいろいろな施設は住民に近いところに存在する。

PB080001.jpg

 雨がぽつぽつ落ちてきた。30分ほどで部屋にもどった。

 やることがなくなってしまった。テレビを観ながら旅日記を書いた。たまに部屋から灰色の風景を見た。空と海との境界線はぼやけていた。

 12:00過ぎにチェックアウトした。雨は少し降っていたが、散歩のつもりで、歩いて港に向かうつもりでいたが、ご主人が車で送ってくれることになった。

 永楽屋の食堂では、この夏に椿農家の手伝いにきた何人かの大学生ボランティアが食事をしていた。利島に遊びにきたらしい。

 女将さんは快活な人だが、ご主人は寡黙な人だった。私から話しかけない限り、積極的に話す感じではない。それでも気遣いは十分に感じた。車を降りるとき、今度はゆっくり来てくださいと言われた。また来てくださいと言われたことはあったが、こういう言われ方をしたのは初めてだった。さりげないよい民宿だった。

 利島に寄港したさるびあ丸は新島、式根島で客を降ろしながら神津島まで航行する。神津島からは新たな客を乗せながら逆ルートで北上してくる。やってきた復路のさるびあ丸に40人ほどとともに乗船した。

PB080004.jpg

PB080006.jpg
 
 12:50、利島港を出航した。

 横浜から利島までの往路の所要時間は8時間10分である。同区間の復路は5時間10分である。3時間の差は何なのだろう。

 海流の問題なのか、夜に航行する往路便は安全のためスピードを落としているのか、往路で最初に着く大島の時刻を6:00前にしないための調節をしているのか、東京湾内の制限速度が夜と昼間で異なるのか。どの可能性もありそうだが、よくわからない。

 海景は灰色である。東京湾を航行する大型船をところどころで確認できたが、三浦半島も房総半島も見えなかった。

PB080008.jpg

 ベイブリッジを潜ったさるびあ丸が横浜・大桟橋に着いた18:00が東京都への旅の終わりの時刻である。

PB080009.jpg

PB080011.jpg

PB080027.jpg

PB080022.jpg

 横浜・大桟橋で何人降りたのかわからない。おそらく200人ぐらいだろう。

PB080035.jpg

 下船するとき、乗船を待っている人が8人いた。

 詳細に書いておく。8人は、4組の若い男女だった。彼らを横浜・大桟橋から東京・竹芝桟橋への旅人と呼ぶのは適切でないかもしれない。横浜で遊んだ日の最後を東京湾クルージングとしたのだろう。

 昼過ぎに営業していた東海汽船のレストランは一度閉じたあと、18:00から営業を再開する。それはさるびあ丸が横浜・大桟橋に着く時刻である。乗船したカップルは船内のレストランで食事をすることができる。しかしエビフライカレー、たぬきうどんなどのメニューはあまりに一般的で、若いカップルに気を使ったものでない。食事は浜松町のレストランを選んだほうがいいかもしれない。それでも船内レストランで食事をしたい場合は、“Merry Christmas”の掲示がレストラン入り口で迎えてくれる。

PB080034.jpg

 大桟橋を出たとき、雨は止んでいた。みなとみらい線の日本大通り駅に向かった。

PB080038.jpg

PB080040.jpg
                                                                           終了
スポンサーサイト

Comment

編集
島旅行お疲れ様です
東国育ちの小生が行った事のある島を考えてみました
とても少ないですね
淡路島、小豆島、壱岐、能古島、桜島、与論、江ノ島、平戸?くらいです
東京都の島は未体験なので行きたいですね
2015年11月16日(Mon) 23:44
No title
編集
Maxさん。

<淡路島、小豆島、壱岐、能古島、桜島、与論、江ノ島、平戸?
随分、島に行かれてますよね。

僕は壱岐、能古島、与論は行ったことないです。

平戸は島です。離島ではないですけど。橋が架かっています。それは江ノ島も同じくです。
平戸の先に生月島という隠れキリシタンのひなびた島がありますが、けっこうよかったです。

ところで桜島は島ではないんですよ(笑) みんな鹿児島から小さい船に乗るので島だと思ってしまうのですが・・・。桜島の、鹿児島側ではない、反対側は大隅半島です。ぐるっと回れば鹿児島から車で行けます。橋が架かっているのではなく完全な陸続きです。かっては島だったらしいのですが、噴火で陸地側になってしまったようです。

伊豆諸島は9島あります。この前、利島に行ったことによって、ようやく全島行ったことになりました。お勧めはなんといっても青ヶ島です。ぜひぜひ。
2015年11月17日(Tue) 03:02
編集
いつも楽しく読ませて頂いております
コメントありがとうございます
九州の島々は転勤で福岡に住んでいた時にいきました
あと金印の志賀島も海水浴で行きましたが、あれは島でしょうか、
子供がくらげに刺されて急きょ和白の病院に行った思い出があります
九州は島が多くて面白いですね
対馬と天草には行けませんでしたので、心残りになってます

追伸
ようやく出張に行けるようになりました
今週は大阪と秋田です
秋田は3回目くらいですが秋田市近郊は見所ありますか?
2015年11月17日(Tue) 22:31
No title
編集
Maxさん。おはようございます。

出張決定、おめでとうございます(笑) 仕事の合間においしいものを食べ、息抜きしてください。

能古島は行ったことがあるのですが、志賀島は行ってないんですよ。
志賀島は島ですよね、おそらく。沖縄と同じで海中道路でつながっているのだと思います。

秋田市から少し離れますが、男鹿半島の寒風山と入道岬はすばらしいです。どちらも眺めが最高ですが、雨だと最悪になるはずです(笑)。2つはとても近い距離にあるので一度に行けます。一度目にレンタカーで入道岬と寒風山に、2度目にバスで入道岬に行きました。バスで寒風山に行けるかどうかちょっとわかりません。理想はレンタカーです。よろしかったらネットでちょっと検索してみてください。

出張が秋田新幹線なら、角館で下車するという手があります。紅葉はすごくきれいですが、もう終わっているかもです。
2015年11月18日(Wed) 08:59
編集
いつも楽しく読ませていただいております

初の男鹿半島、行って来ました

何と友人の好意により全部車で廻って来ました
教えて頂いた寒風山、真山神社、八望台、入道崎などです
天気はまあまあでした
小学校の教科書に出てきた八郎潟を40数年かかって、この目で見れたので大満足です
2015年11月24日(Tue) 19:33
No title
編集
Maxさん、出張、お帰りなさい。

男鹿半島に行かれたんですね。寒風山は周りに何もないのでみはらしは最高で気持ちいいですよね。おっしゃるように八郎潟が一望です。

たしかに小学校の教科書には八郎潟がありました。あの頃の農業の成功事例の典型だったような。
2015年11月25日(Wed) 20:20












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。